写真

暮らすメイトになろう。周南市

こころが、うなずいている。からだが、よろこんでいる。しゅうニャン市に来てみると、きっと、そう感じるはずです。移住とは、心地いい生き方ができる場所へ移ること。あなたも、しゅうニャン市の暮らすメイトになりませんか。

写真:舞田恵子

舞田恵子 出身:山口県周南市 東京からUターンして起業

東京の建築設計事務所に所属した後、独立し、舞田恵子建築設計事務所を設立しました。地方の方から少しずつお仕事の相談をされはじめたため、高校を卒業してから約 20 年ぶりに周南市にU ターン。独立した当初から、いずれ山口に戻って仕事をしたいと考えていました。しかし、地元に戻っても仕事があるのか不安で、なかなか行動に移せませんでした。しかし、帰ってきてからはさまざまな方とお会いでき、そして、人との距離が近いため、仕事に結びつく機会が増えました。また、いろいろな相談をされるため、仕事の幅が増えました。 仕事だけでなく、山も海もある周南市で休日を満喫しております。 余談ですが、両親も年を重ねており、遠くに離れていると心配事も多かったのですが、安心できています。

東京の建築設計事務所に所属した後、独立し、舞田恵子建築設計事務所を設立しました。地方の方から少しずつお仕事の相談をされはじめたため、高校を卒業してから約 20 年ぶりに周南市にU ターン。独立した当初から、いずれ山口に戻って仕事をしたいと考えていました。しかし、地元に戻っても仕事があるのか不安で、なかなか行動に移せませんでした。しかし、帰ってきてからはさまざまな方とお会いでき、そして、人との距離が近いため、仕事に結びつく機会が増えました。また、いろいろな相談をされるため、仕事の幅が増えました。 仕事だけでなく、山も海もある周南市で休日を満喫しております。 余談ですが、両親も年を重ねており、遠くに離れていると心配事も多かったのですが、安心できています。

写真:米光美貴

米光美貴 出身:山口県周南市 大阪からUターンして就職

高校卒業を機に、かねてよりめざしていた漫画家となるために、大阪の専門学校に入学しました。残念ながらデビューには到りませんでしたが、東京のゲーム会社が周南市へ進出することを知り、応募したところ、スタートメンバーとして採用していただきました。クリエイティブ関係の仕事は、一世代前ならば東京、大阪、福岡といった大都市での活躍が主でしたが、ネットさえあればどこでもできる仕事となりつつあるいま、活躍のチャンスは充分にあります。私は周南市出身ですので、このまちに愛着があります。都会暮らしも好きでしたが、やはり地元である周南市は心やすらげるまちなので、のびのびとした生活ができています。

高校卒業を機に、かねてよりめざしていた漫画家となるために、大阪の専門学校に入学しました。残念ながらデビューには到りませんでしたが、東京のゲーム会社が周南市へ進出することを知り、応募したところ、スタートメンバーとして採用していただきました。クリエイティブ関係の仕事は、一世代前ならば東京、大阪、福岡といった大都市での活躍が主でしたが、ネットさえあればどこでもできる仕事となりつつあるいま、活躍のチャンスは充分にあります。私は周南市出身ですので、このまちに愛着があります。都会暮らしも好きでしたが、やはり地元である周南市は心やすらげるまちなので、のびのびとした生活ができています。

写真:溝上重幸

溝上重幸 出身:山口県周南市 東京からUターンして起業

学生時代から東京で生活し、都内の百貨店に就職しました。その後、NGO活動を通して親交を深めた台湾原住民族のトンボ玉の販売をはじめ、起業。80代後半になる親の近くに暮らす必要性を感じはじめていたところに、娘の小学校入学のタイミングが重なり、Uターンを決断。その結果、おいしい魚とお酒に舌鼓の毎日が待っていました。仕事面では徳山駅前に雑貨店NOICHI(ノイチ)を開店し、自分の世界観を実現するという夢への第一歩を踏みだすことができました。周南市で出店していることで各種の支援制度を受けられ、さまざまな人たちが助け舟を出してくださるのも大きな魅力です。地元テレビ番組に出演するなど、都会では希有な経験も数多くさせてもらっています。

学生時代から東京で生活し、都内の百貨店に就職しました。その後、NGO活動を通して親交を深めた台湾原住民族のトンボ玉の販売をはじめ、起業。80代後半になる親の近くに暮らす必要性を感じはじめていたところに、娘の小学校入学のタイミングが重なり、Uターンを決断。その結果、おいしい魚とお酒に舌鼓の毎日が待っていました。仕事面では徳山駅前に雑貨店NOICHI(ノイチ)を開店し、自分の世界観を実現するという夢への第一歩を踏みだすことができました。周南市で出店していることで各種の支援制度を受けられ、さまざまな人たちが助け舟を出してくださるのも大きな魅力です。地元テレビ番組に出演するなど、都会では希有な経験も数多くさせてもらっています。

移住される方のさまざまな「働く」を支援しています。◎農業をはじめたい ◎漁師になりたい ◎田舎で起業したい ◎まちなかで創業したい ◎まちなかで事業所を新設したい ◎まちなかで事業所を新設したい ◎まちなかでお店を出したい ◎田舎でサテライトオフィスを開設したい移住される方のさまざまな「働く」を支援しています。◎農業をはじめたい ◎漁師になりたい ◎田舎で起業したい ◎まちなかで創業したい ◎まちなかで事業所を新設したい ◎まちなかで事業所を新設したい ◎まちなかでお店を出したい ◎田舎でサテライトオフィスを開設したい

充実の子育てサポート。保育園の待機児童はゼロです。乳幼児・こども医療費助成制度や子育て交流センター・支援センターなど、子育てサポートが充実しています。充実の子育てサポート。保育園の待機児童はゼロです。乳幼児・こども医療費助成制度や子育て交流センター・支援センターなど、子育てサポートが充実しています。

「里の案内人」にご相談ください。移住者が、地域に溶けこむお手伝いをする住民ボランティアが「里の案内人」です。不安も多い新天地での暮らしですが、地域の良さの紹介や暮らし方の相談にのり、移住を検討されている方と地域との橋渡しをします。相談:お店、病院、学校などの暮らしの情報を細やかに提供します。 見学:空き家があれば、里の案内人と見て回ることができます。体験:地域のイベントなどに参加してみたいときは、ぜひご連絡ください。「里の案内人」にご相談ください。移住者が、地域に溶けこむお手伝いをする住民ボランティアが「里の案内人」です。不安も多い新天地での暮らしですが、地域の良さの紹介や暮らし方の相談にのり、移住を検討されている方と地域との橋渡しをします。相談:お店、病院、学校などの暮らしの情報を細やかに提供します。 見学:空き家があれば、里の案内人と見て回ることができます。体験:地域のイベントなどに参加してみたいときは、ぜひご連絡ください。

移住前に住んでみませんか。大道理・須金・大津島・鹿野で「お試し暮らし」をどうぞ。移住前に住んでみませんか。大道理・須金・大津島・鹿野で「お試し暮らし」をどうぞ。

周南市公式サイト 移住情報ページ

写真:髙瀬恵利

髙瀬恵利 出身:大分県日田市

大学生の頃、大学のある高知から大分へ青春18きっぷを利用して帰省していました。山陽本線で周南市を通っていたのですが、トンネルを抜けると、きらきら光る海が車窓ごしに見えてきて心を打たれたんです。その景色を見てはしゃぐ、同じ列車の女子高校生たちの姿を見て、とても穏やかな気持ちになりました。就職活動の時期、ふと周南市のことを思い出したとき、あの景色が浮かんで、直感的に周南市で働きたいと思ったんです。

大学生の頃、大学のある高知から大分へ青春18きっぷを利用して帰省していました。山陽本線で周南市を通っていたのですが、トンネルを抜けると、きらきら光る海が車窓ごしに見えてきて心を打たれたんです。その景色を見てはしゃぐ、同じ列車の女子高校生たちの姿を見て、とても穏やかな気持ちになりました。就職活動の時期、ふと周南市のことを思い出したとき、あの景色が浮かんで、直感的に周南市で働きたいと思ったんです。

写真:山﨑和浩

山﨑和浩 出身:東京都奥多摩町

山に囲まれた生活が長かったので、海の見える場所で子育てをしたいと思ったんです。旅行で瀬戸内海の島を見たとき、その景色と温暖な気候が気に入ったんです。瀬戸内に住みたいと思いが強くなっていたとき、たまたま周南市の知り合いから周南市の粭島を紹介してもらい、移住しました。移住してきた私を、地域の皆さんは寛大に受け入れてくれたのがうれしかったです。周南市に来て船舶免許を取得し、休日には釣りを楽しんでいます。

山に囲まれた生活が長かったので、海の見える場所で子育てをしたいと思ったんです。旅行で瀬戸内海の島を見たとき、その景色と温暖な気候が気に入ったんです。瀬戸内に住みたいと思いが強くなっていたとき、たまたま周南市の知り合いから周南市の粭島を紹介してもらい、移住しました。移住してきた私を、地域の皆さんは寛大に受け入れてくれたのがうれしかったです。周南市に来て船舶免許を取得し、休日には釣りを楽しんでいます。

写真:フマ美里

フマ美里 出身:山口県周南市

小さい頃から、兼業農家であった祖父母の田畑で遊んだり、手伝いをするのが好きで、農業が身近なものでした。将来は農業の仕事がしたいと思っていましたが、進路決定の際に別の道を選択し、県外の会社に就職しました。しかし、農業がしたいという気持ちが忘れられず退職を決意し、地元で就農するためにUターンし、現在トマトを生産しています。中山間地域に、登り甲斐のある景色のすばらしい山があるのは、たいへん魅力的です。

小さい頃から、兼業農家であった祖父母の田畑で遊んだり、手伝いをするのが好きで、農業が身近なものでした。将来は農業の仕事がしたいと思っていましたが、進路決定の際に別の道を選択し、県外の会社に就職しました。しかし、農業がしたいという気持ちが忘れられず退職を決意し、地元で就農するためにUターンし、現在トマトを生産しています。中山間地域に、登り甲斐のある景色のすばらしい山があるのは、たいへん魅力的です。

写真:安在志穂

安在志穂 出身:長崎県大村市

長崎県の大学を卒業後、就職のため山口県周南市へ引っ越してきました。徳山港から沖合約10kmにある大津島に何度か遊びに行ったとき、島の空気感やゆっくりと流れる時間が気に入り、大津島に移住しました。現在、体験交流施設である大津島「海の郷」で、周南市大津島支所の臨時職員として勤務しています。大津島は自然と人の温かさも感じられる島です。山口県に遊びに来られた際は、ご案内いたしますので、ぜひ大津島へ来てください。

長崎県の大学を卒業後、就職のため山口県周南市へ引っ越してきました。徳山港から沖合約10kmにある大津島に何度か遊びに行ったとき、島の空気感やゆっくりと流れる時間が気に入り、大津島に移住しました。現在、体験交流施設である大津島「海の郷」で、周南市大津島支所の臨時職員として勤務しています。大津島は自然と人の温かさも感じられる島です。山口県に遊びに来られた際は、ご案内いたしますので、ぜひ大津島へ来てください。

写真

周南市公式サイト 移住情報ページ