写真

暮らすメイトになろう。周南市

こころが、うなずいている。からだが、よろこんでいる。しゅうニャン市に来てみると、きっと、そう感じるはずです。移住とは、心地いい生き方ができる場所へ移ること。あなたも、しゅうニャン市の暮らすメイトになりませんか。

写真:髙瀬恵利

髙瀬恵利 出身:大分県日田市

大学生の頃、大学のある高知から大分へ青春18きっぷを利用して帰省していました。山陽本線で周南市を通っていたのですが、トンネルを抜けると、きらきら光る海が車窓ごしに見えてきて心を打たれたんです。その景色を見てはしゃぐ、同じ列車の女子高校生たちの姿を見て、とても穏やかな気持ちになりました。就職活動の時期、ふと周南市のことを思い出したとき、あの景色が浮かんで、直感的に周南市で働きたいと思ったんです。

大学生の頃、大学のある高知から大分へ青春18きっぷを利用して帰省していました。山陽本線で周南市を通っていたのですが、トンネルを抜けると、きらきら光る海が車窓ごしに見えてきて心を打たれたんです。その景色を見てはしゃぐ、同じ列車の女子高校生たちの姿を見て、とても穏やかな気持ちになりました。就職活動の時期、ふと周南市のことを思い出したとき、あの景色が浮かんで、直感的に周南市で働きたいと思ったんです。

写真:山﨑和浩

山﨑和浩 出身:東京都奥多摩町

山に囲まれた生活が長かったので、海の見える場所で子育てをしたいと思ったんです。旅行で瀬戸内海の島を見たとき、その景色と温暖な気候が気に入ったんです。瀬戸内に住みたいと思いが強くなっていたとき、たまたま周南市の知り合いから周南市の粭島を紹介してもらい、移住しました。移住してきた私を、地域の皆さんは寛大に受け入れてくれたのがうれしかったです。周南市に来て船舶免許を取得し、休日には釣りを楽しんでいます。

山に囲まれた生活が長かったので、海の見える場所で子育てをしたいと思ったんです。旅行で瀬戸内海の島を見たとき、その景色と温暖な気候が気に入ったんです。瀬戸内に住みたいと思いが強くなっていたとき、たまたま周南市の知り合いから周南市の粭島を紹介してもらい、移住しました。移住してきた私を、地域の皆さんは寛大に受け入れてくれたのがうれしかったです。周南市に来て船舶免許を取得し、休日には釣りを楽しんでいます。

写真:フマ美里

フマ美里 出身:山口県周南市

小さい頃から、兼業農家であった祖父母の田畑で遊んだり、手伝いをするのが好きで、農業が身近なものでした。将来は農業の仕事がしたいと思っていましたが、進路決定の際に別の道を選択し、県外の会社に就職しました。しかし、農業がしたいという気持ちが忘れられず退職を決意し、地元で就農するためにUターンし、現在トマトを生産しています。中山間地域に、登り甲斐のある景色のすばらしい山があるのは、たいへん魅力的です。

小さい頃から、兼業農家であった祖父母の田畑で遊んだり、手伝いをするのが好きで、農業が身近なものでした。将来は農業の仕事がしたいと思っていましたが、進路決定の際に別の道を選択し、県外の会社に就職しました。しかし、農業がしたいという気持ちが忘れられず退職を決意し、地元で就農するためにUターンし、現在トマトを生産しています。中山間地域に、登り甲斐のある景色のすばらしい山があるのは、たいへん魅力的です。

写真:安在志穂

安在志穂 出身:長崎県大村市

長崎県の大学を卒業後、就職のため山口県周南市へ引っ越してきました。徳山港から沖合約10kmにある大津島に何度か遊びに行ったとき、島の空気感やゆっくりと流れる時間が気に入り、大津島に移住しました。現在、体験交流施設である大津島「海の郷」で、周南市大津島支所の臨時職員として勤務しています。大津島は自然と人の温かさも感じられる島です。山口県に遊びに来られた際は、ご案内いたしますので、ぜひ大津島へ来てください。

長崎県の大学を卒業後、就職のため山口県周南市へ引っ越してきました。徳山港から沖合約10kmにある大津島に何度か遊びに行ったとき、島の空気感やゆっくりと流れる時間が気に入り、大津島に移住しました。現在、体験交流施設である大津島「海の郷」で、周南市大津島支所の臨時職員として勤務しています。大津島は自然と人の温かさも感じられる島です。山口県に遊びに来られた際は、ご案内いたしますので、ぜひ大津島へ来てください。

写真

周南市公式サイト 移住情報ページ